(無料相談)ZOOMを使った相談(遠隔地の方が対象)

2024年05月04日

今回は、ZOOMを使った相談業務について、ご紹介したいと思います。遠隔地の対象は、海外も含みます。ご依頼される方で、どのようにアクセスすればいいのかわからない方もいらっしゃるみたいですので、解説したいと思います。

目次

1.ZOOMを使った相談の対象者

2.相談の予約の方法

3.相談時のお願いとお知らせ事項


1.ZOOMを使った相談の対象者

 ZOOMを使った相談の対象者は、事務所所在地の香川県高松市まで来訪することが困難な方としています。高松市の近隣や車で来訪できる地域に関しましては、業務の込み具合を見て極力ご期待に副えるように運用しております。しかし、どうしても出張するには費用が掛かりすぎる場合には、ZOOMを使った遠隔の相談を予約制で受け付けております。

 もちろん、海外在住の方で、日本にいるご家族の相続関係のご相談も受け付けております。

 すでに、海外の方との相談も実施した実績があります。

2.相談の予約の方法

 ①このHPのフォームを使って予約を取る方法

  「iris-shouzoku.jp」の場合、「メールでのお問い合わせ」

 に、必要事項を入力していただき、送信ボタンを押して予約ができます。相談内容の概要については、曖昧でも構いません。相談当日に詳細は必ずお伺いいたします。また、日程が合わない場合には、こちらからリスケの日程の候補を遅らせていただきますので、ご都合のいい日時を選んでください。

 ➁メールで直接予約

  「irisjs2021@gmail.com」あてにメールをください。

 ③お電話での予約(原則、直接面談の場合に限らせていただきます)

  お電話でのご予約は、原則、直接面談の場合に限らせていただきますが、上記の方法がよくわからない場合には、HPのフォームの場所をご案内させていただいております。その際、必ずメールアドレスをご記入ください。ZOOMのミーティングIDとパスワードを口頭で説明していしまいますと、ご入力等により当日正しく接続ができない可能性があるためです。

3.相談時のお願いとお知らせ事項

(相談時にお聞きすること)

 フォームもしくはメールで予約していただいた場合、お名前だけのケースが多いので、本人確認のため、相談開始時に「住所」と「氏名」「生年月日」「(国内の場合)連絡先」をお聞きします。こちらで、記録を残すためにお聞きしますのでよろしくお願いいたします。

(相談内容の守秘義務)

 そして、ご相談される方の中には、地元にいる司法書士の先生の場合、関係性が密なので「家族内のごたごたを知られたくない」といったご要望があることは、よくあります。

 アイリスの「ZOOM相談の内容が、外部に漏れるのでは?」と、前段階でお聞きになる方もいらっしゃいます。

 ご安心ください。司法書士には守秘義務が課せられており、相談を受けた内容について、外部に漏らすことはありません。

司法書士法23条と24条

「(会則の遵守義務)

第23条 司法書士は、その所属する司法書士会及び日本司法書士会連合会の会則を守らなければならない。

(秘密保持の義務)

第24条 司法書士又は司法書士であつた者は、正当な事由がある場合でなければ、業務上取り扱つた事件について知ることのできた秘密を他に漏らしてはならない。

そして、会則の遵守義務があり、司法書士行動規範というものが定められています。

司法書士行動規範11条

「秘密保持等の義務

第11条 司法書士 は、業務上知り得た秘密を保持しなければならず、又は利用してはならない。司法書士でなくなった後も同様とする。

2 前項の規定にかかわらず、次に掲げる場合は、その必要の限度において、秘密を開示することができる。

(1)本人の承諾がある場合

(2)法令に基づく場合

(3)司法書士が自己の権利を防御する必要がある場合

(4)前3号に掲げる場合のほか、正当な事由がある場合」

これらの秘密保持義務に違反した場合、懲戒により司法書士は罰せられます

 ですので、安心してお話しいただいても、外部に漏れることはありません。詳細にお話しいただかないと、正確なアドバスができない可能性も出てきますので、不安の元をお聞かせください。

最新のブログ記事

令和6年6月19日(水)に「北野純一税理士事務所」内で開催されます「相続法律・税務無料相談会」が実施されます。相続前のご相談、相続発生後のご相談、どちらにも対応しております。

先日、令和6年5月3日の東京新聞に「ルシアンホールディングズの詐欺事件」にM&A仲介会社が深く関与していたとして、詳しく取り上げられていました。ルシアン側が買主となり、業績の悪い中小企業の買収をにおわせ、「企業再生するのが得意」と言いながら、企業のキャッシュを根こそぎ持っていきました。なぜ、このような事件が起こってしまったのか、現状のM&A仲介の背景や問題点について解説したいと思います。

相談の中に、「身元保証サポート」を家族の一人が利用したばかりに、おかしなことになっているというものがありました。以前、身元保証サポートの問題点として、「亡くなった後の遺産がサービス提供者へ渡っている」点をい適していましたが、今回は、ご家族がいるのに、何らかの原因で身元保証サポートを利用するとどのようなことが起こるのか、お話したいと思います。

熟慮期間(相続開始を知った時から原則3ヵ月以内)に相続人が相続放棄または限定承認の手続きをしなかった場合や、相続放棄後、相続人が相続財産の全部または一部を処分した場合などに、相続人が当然に相続を単純承認(被相続人の権利義務を無制限かつ無条件に承継)したものとみなされる制度となります。知らない間に、せっかく手続きをした相続放棄や限定承認が無駄になります。そうならないためにも、判例等の事例を解説いたします。

<