空き家問題について、国・地方の取り組みをご紹介

空き家問題ブログ

空き家問題は、建物や住宅が長期間にわたって使用されずに空き家となる現象を指します。この問題は、世界中でさまざまな地域で起きており、都市部や地方部を問わずに存在しています。

要因:

①人口減少: 人口の減少や高齢化によって、住宅需要が減少する地域では空き家問題が生じやすくなります。

➁都市化と郊外化: 都市部への人口の集中や郊外への人口の移動により、都市部では需要が高まり、地方部では需要が減少する傾向があります。

③経済的要因: 経済的な不況や地域の産業の衰退によって、住宅需要が低下し、空き家が増加することがあります。

④法的・相続問題: 遺産の相続や法的な問題によって、所有者が空き家の維持や利用に関心を持たない場合があります。

が挙げられます。今後、空き家対策を考慮した対策が期待されます。現状分析や対象の法令等のご紹介をいたします。

所有しているだけで負の不動産になっているものを負動産と呼ばれています。所有者不明の土地だけに関していえば、九州の面積に匹敵するぐらいのものがあるそうです。今後、こういった負動産を活用できる形にするための法整備が進んでいます。これらをまとめて解説していきます。

松本剛明総務相は、京都市が提案した「空き家税」創設に同意する方針を固めた。関係者が22日明らかにした。全国の自治体で初めて、空き家所有者に独自の税金を課すとのこと。市では住宅が不足しており、課税を避けるための売却・賃貸を促し、供給増につなげる狙いがあることから提案したものです。導入は2026年以降。効果が出れば同様の問題を抱える他都市の参考になりそうです。

以前、司法書士事務所を立ち上げる際に、スタートアップ補助金申請のために、高松市の空き家問題について調べ、事業計画を作成したことがあります。その際、気づいた問題点などを解説しています。

最新のブログ記事

令和6年6月19日(水)に「北野純一税理士事務所」内で開催されます「相続法律・税務無料相談会」が実施されます。相続前のご相談、相続発生後のご相談、どちらにも対応しております。

記述対策の論点について、択一対策も含め論点を提示します。今回も不動産登記法の記述問題についての論点について、確認していきたいと思います。今回も「(根)抵当権」関連になります。択一試験でも論点となる個所ですので、ひな形をしっかりと覚えてください。

とある動画で「日本のしょぼい給料でマルチタスクを求めすぎ」という内容で話をされている方がいました。少し前の話になるのですが、私の妻のパート先での出来事を基に少し話をしてみたいと思います。

相続登記義務化を控えて、相談件数、ご依頼の件数が増加しております。そんな中で、相続登記を急ぐ意味がよく分からないという方がいらっしゃいました。被相続人の方や相続人の状況によっては一刻を争う事態であることも少なからずありますので、解説していきたいと思います。