マーケット視点(無駄に金と時間を費やさないために)

2023年12月02日

集客やマーケティングで一番やっていはいけない間違いについての話になります。多くのスモールビジネス経営者が目標とするのは、「限られた資金・限られた時間で成果を上げなくてはいけない」ことです。自分自身、もう一度基本に立ち返って、お話をしたいと思います。すべては、どのタイミングまでに収益化を図らなければならないのかという点に尽きると思います。

目次

1.資金について

2.時間について

3.スモールビジネスで考えること

4.まとめ


1.資金について

 資金が尽きる前に、収益化を実現しなければならないことは誰でもわかると思います。収益が出るまでに、様々な経費が掛かってしまいます。当然、収益化するまでは、手持ちの資金は、減っていきますよね。ここは、スピードの勝負だし、無駄なお金は使ってはいけないフェーズです。しかし、士業を含め、多くの起業した方たちの9割が、初めの1年でダメになってしまうのはなぜなんでしょうか。

2.時間について

 次に、時間についてなのですが、大手の会社と異なりスモールビジネスの経営者は、営業活動をしながら、このマーケティングをしていかなければなりません。私たちも人間ですから、24時間という限られた時間の中で、やっていかなければなりません。「集客やマーケティングに使える時間は限られている」。つまり、限られた時間を使って「成果」を出さなければいけないわけです。

3.スモールビジネスで考えること

 大手会社になると、集客やマーケティング専門の部署があり、数百人単位の人員がフルタイムで取り組んでいるわけです。私たちのようなスモールビジネスにとっては、限られた資金、限られた時間の中でやっていかなければならないわけです。

 その中で、スモールビジネスの経営者が、絶対やってはいけないこと、それは、「悩み続けること・迷い続けること」です。

 大手と勝負しても、はなから勝ち目ないだろうと思われた方もいるかもしれませんが、その点については、少し違うと考えております。それはなぜかと言いますと、「集客やマーケティングには答えがない。」からです。その意味は、大手の専門の部署で話し合いをやっても、我々が、ああでもないこうでもないとやりあっても、答えなんてないということです。

 それでは、どこに答えがあるのかと言いますと、「正解を知っているのは、マーケットだけ」、マーケットにしか答えはないのです。

 大手もスモールビジネスも、その手元に答えがない集客やマーケティングで、一番やってはいけないことは、「悩み続けること・迷い続けること」なのです。なぜなら、「正解」がないのに悩んだり迷ったりしても意味はないわけですね。やってみるしかないわけです。

 ただし、気を付けないとだめなのは、自身の「勝ち筋のビジネスモデル」をある程度、構築しておくことが重要です。この軸がない状態で、集客マーケティングをやっても、おそらくうまくいきません。一時的にはうまくいっても、その先で詰まったときに、見直しにすごく時間がかかってしまうと思います。(なぜなら、ビジネスモデルを意識できていないため、なぜ低迷をし始めたのか理由がわからなくなるからです。)

 それでは、「悩み続けること・迷い続けること」がなぜいけないのかと言いますと、「何も生み出さない」からです。やればマーケットから何らかの反応を得ることができ、それが失敗だったとしても、経験にはなるわけです。「悩み続けること・迷い続けること」をしている間は、何も生み出さないだけでなく、資金・時間・エネルギーを無駄に消耗するだけなのです。

 また、自分のビジネスの軸を構築できているかどうかという点が重要かと言いますと、「今やることに確信が持てていない」ことに結びつき、確信が持てないことに対し、結果・成果が出るまでの期間がわからずに、中途半端にマーケティングをしてしまいがちです。「今やってはいけないこと」「今やっても意味のないこと」を間違った時期にやったとしても、これも成果にはつながりませんよね。だから、途中であきらめてしまう方が多いのだと思います。

※BridgeWorksの高橋氏のお話から、引用させていただきました。私自身も、いつもこの点については、意識しながら集客をしておりますので、参考になると思います。

4.まとめ

 ここまで、スモールビジネス経営者の集客とマーケティングについてお話をしてきました。スモールビジネス経営者は、資金も時間も限られた中で成果を上げられなければ、その事業そのものを継続できなくなってしまいます。

 効率よく、集客やマーケティングをするには、ビジネスの軸を定め、その方向性でマーケットに対して何らかのアクションを継続して行い、そこからの反応(結果)を見て、改善をしていくことです。

 「悩み続けること・迷い続けること」では、何も生み出しません。答えはマーケットの中にヒントとして隠れています。これを見つけ出すためにも、継続して根気強くやってみてください。

最新のブログ記事

令和6年7月17日(水)に「北野純一税理士事務所」内で開催されます「相続法律・税務無料相談会」が実施されます。相続前のご相談、相続発生後のご相談、どちらにも対応しております。

2021年に改正された民法および不動産登記法により、日本では相続登記が義務化されました。この制度は2024年4月1日から施行されており、相続による不動産の登記が義務付けられています。相続登記の義務化は、不動産の所有者不明問題を解消し、透明性を高めることを目的としていますが、その一方でいくつかの問題点も指摘されています。以下に、その主要な問題点について詳述します。

2021年の民法および不動産登記法の改正により、日本では相続登記が義務化されることとなりました。この改正は2024年4月1日から施行され、相続による不動産の登記が義務付けられることで、所有者不明の不動産の問題を解消し、透明性を高めることが目的とされています。以下では、相続登記義務化の背景、具体的な内容、そしてその影響について詳しく説明いたします。

経営者にとってのビジョンマップは、会社の目標や戦略、価値観を視覚的に表現するツールです。これにより、組織全体が目指すべき方向を共有し、戦略的な一貫性を保つことができます。以下に、経営者のビジョンマップについて詳しく説明します。

<