司法書士を目指されている方へ(「好きこそものの上手なれ」)

2024年01月14日

私は、初めから法学が好きだったかと言われれば、答えは「No」です。子供のころから法学が好きであれば、理系の大学に行ったり、インターネット関連の知識を習得するために留学したりしないですもんね。それでは、どうやってその辺りを克服したのかをお話したいと思います。

目次

1.「好きこそものの上手なれ」とは?

2.「好き」は才能(岡田斗司夫ゼミ参照)

3.法学を「好き」になるには?

4.まとめ


1.「好きこそものの上手なれ」とは?

 「好きこそものの上手なれ」というのは、成句で、その意味は、「楽しんでやることによってうまくなるものであるということ、又は、あることに熟達するには、それを楽しめるようになることが肝要であるということ。」です。

 今の私は、今の仕事を本当に様々な苦労はある者の楽しんでやっていますので、熟達に向けて一歩ずつ進めているのだと思います。

 先にも書いたように、初めからこの状態だったのかと言いますとそうではありません。しかし、5年間も司法書士試験と向き合って、理解が進むと、ある点を越したときに「おもしろく」感じ始めました。

 しかし、もし試験に合格できていなかった場合、ここまでになっていたかと言われると、好きになんてとてもなれませんよね。岡田斗司夫ゼミで、面白いことを解説されていましたのでご紹介いたします。

2.「好き」は才能(岡田斗司夫ゼミ参照)

 「「好き」っていうのはね、実は才能なんですよ。

 「分かる」ってことなんですよ。

 音楽のあるジャンルが好きだとか、その良さがわかるということなんですよね。

 例えば、僕は好きな声優さんがほとんどいないんですよね。ということは声優さんの良し悪しが、あんまり実はわかってないんですよ。

 「絵」もですね興味がない、好きじゃないんです。美術館に行ったら「やっぱり時間の無駄だったな」と思うんですよね。その代わり模型の箱絵は、やたら見るんですよ。目的が違うからなんでしょうね。

 ただですね、「好き」というのは才能なんですけど、それは自分の興味を持った方向にしか行かないので、・・・例えば、ギターが好きだったら、「引く努力が苦にならないはずだ!」とはならないんですよね。ギターが好きというのは、「ギター演奏している自分を空想するのが好き」っていうのもあるんですよ。実際に指を動かしてみると「ああ、思った通り動かない。好きじゃない・・・」っていうこともあります。その人によってはまるものが違うから、純粋にプレーするのが好きな人は、どんどんどんどん練習時間が勝手に伸びていくだけだと思うんですよね

 好きなのに「本気になれない」っていうのはね、自分の好きの方向を誤解せずに考えた方がいいと思います。」(引用終わり)

3.法学を「好き」になるには?

 2の話を参照すると、自分の好きの方向が、「司法書士試験合格」もしくはその先の「司法書士として独立開業」を向けているのかを少し考えてみてください。目先のわからないことだけにとらわれていたり、別の事柄(例えば、司法書士になったら会社が辞めれるなんかだと思います。)にとらわれていませんか?もし、とらわれている場合、早急に修正する方向に向けることが重要です。なぜなら、この試験は「合格」しなければ、司法書士には絶対になれないからです。いくら民法が完璧でも、試験に落ちたら司法書士にはなれないんです。「合格」を意識するようにしてください。

4.まとめ

 岡田斗司夫ゼミの中で、ギターの例が出ていましたが、私は大学時代にギターをはじめました。大学時代はもちろん社会人になってもなかなか、まともに弾ける状態ではありませんでしたが、30代半ばで様になるようになってきました。引けなかった原因は、音楽の「理屈」「理論」を過剰に意識しすぎて、途中で引いている指がついてこなくなってしまっていたからです。特にソロパートで、泣きそうになるくらい下手糞でした。今では、だいぶまともになっています。それは、曲をしっかり聞いて、構成のコードから、ソロの大体の音の構成要素を推察することができるようになり、完ぺきではなくてもそれっぽく弾けるようになりました。弾けるようになって、さらにギターが「好き」になったと思います。

 同じように、司法書士で独立開業当初は、解らないことだらけでしたが、意外と司法書士試験で学んだ知識が、ダイレクトに生かせることができています。ですので、実務をすればするほど「好き」になっていていくのだと思います。

最新のブログ記事

令和6年8月21日(水)に「北野純一税理士事務所」内で開催されます「相続法律・税務無料相談会」が実施されます。相続前のご相談、相続発生後のご相談、どちらにも対応しております。

生前対策を考えるとき、相続発生した場合を想定して行います。しかし、何から手を付けていいやらわからない方も多いのではと思います。今回、専門家への相談も含め、具体的な内容について少しお話をしたいと思います。

現在、社会のあらゆる場面で年齢制限が設けられています。教育、就労、医療、さらには娯楽に至るまで、年齢に基づく規制や期待が存在します。しかし、技術の進歩と価値観の変化に伴い、年齢制限がなくなる未来が徐々に現実味を帯びてきています。この未来を実現するためのカギは、過去のアーカイブとの並列化と若者とその価値観を共有することです。

今まで生きてきて、司法書士という職業にたどり着くまで、様々な挑戦を繰り返してきました。しかし、世の中の変化のスピードというのは、私が考えるよりも相当早く変化し続けるため、動き続けて新しい業種に人間関係を構築し、慣れるまでには、陳腐化するといったことが、40代を過ぎてから起こり始めました。それでは、ビジネスという観点から、世の中の変化に対して、今後どのようなことが重要になるのかについて、少しお話をしたいと思います。

<