司法書士を目指されている方へ(この時期に現れる焦り・諦めの克服)

2024年04月28日

司法書士試験受験生の方たち、学習の進捗はどうでしょうか?私も受験生時代に、陥った「焦り」と「諦め」が顔をのぞかせる時期です。皆さんの中には、陥っている方もいるのではと思い、お話をすることにしました。

目次

1.焦り・諦めの発生メカニズム

2.焦り・諦めを長期抱えるデメリット

3.焦り・諦めの克服法

4.結局・薬局・郵便局


1.焦り・諦めの発生メカニズム

 司法書士試験受験生に生じる「焦り」「諦め」の正体は、学習の進捗が思ったほどできていないことによるものです。

 しかし考えてみてください。万全の準備ができている状態で、本試験に臨んでいる受験生はいったい何人いるのでしょうか。きっと1割にも満たないと思います。その原因は、「試験の対象範囲の広さ」にあります。やってもやっても、模試を受けてみると、初見の知識を問う問題が出てくる・・・ああ、本試験になったらとんでもない問題が出てきたらどうしよう、という具合に、ネガティブに考えてしまいがちです。

 ここで、直近の本試験の択一問題についてみてみると、意外と基本の知識について問うているものが大半を占めています。問題の大半を難解な問題にしてしまうことはあり得ません。難解な問題ばかり目に留まる時期ではあるのですが、だからこそ、基礎をおろそかにせず、きっちり得点していく学習が特に重要になるわけです。逆に言えば、たいして問題数もない難解な問題ばかりの学習をしても、基本問題を落とすようでは、まず合格はできないと思います。それに、実務に入って、基本的な知識を欠いているようでは、仕事にはなりませんからね。

 今やっている学習を粛々と継続していくことこそ重要なのではないでしょうか?

2.焦り・諦めを長期抱えるデメリット

 「焦り」「諦め」を意識せず、学習を続けている方がいるとしたら、その方はスーパーマン並みの精神力を持っている方です。しかし残念ながら、ほとんどん方はスーパーマンではありませんし、私もそうです。この「焦り」「諦め」をあまり長い間抱えないようにすることが重要です。

 それでは、長期間、この「焦り」「諦め」を抱えてしまうとどのようなデメリットがあるのかと言いますと、今実施している学習の邪魔にしかなりません。「焦り」は、どうしても感じることがあるでしょう。また、厄介なのが「諦め」なんです。なぜなら、「諦め」ると苦しい状況で、ほしいものが手に入るからです。それは「1年」という時間です。これを繰り返せば、いずれ合格できるんじゃないのかという方もいますが、残念ながら時間は無限ではありません。そもそも考えてみてください。昨年も同じように学習したのに、あきらめて1年伸ばした結果、今どうでしょうか?「同じ状態」か「それ以上」になっている方は少ないと思います。厳しいことを言いますが、時間を延ばすことで、劣化したのでは一生合格はできないと思います。

3.焦り・諦めの克服法

 まずは、悩む時間を決めて悩むことです。私の場合、5分以内と決めていました。あまりにもダラダラ悩むと、本当にそちらの方向に行ってしまいそうになるためです。

 また、普段の学習をきっちりこなしていき、できるだけ「雑音」を入れないようにすることが大事だと思います。「雑音」とは何かといいますと、この時期に大量発生する、「焦り」や「諦め」から逃れようとして身をゆだねてしまった受験生の声のことです。ですので、私は自宅を勉強部屋にしました。しかし、物理的に同じ空間に「焦り」「諦め」を抱えている受験生と一緒になる方は、できるだけ接触を避けた方がいいと思います。言葉には言霊が乗りますから、無意識でも影響を受けてしまいます。間違っても、自称諦めた受験生のSNSやYoutubeは見ないようにしましょう。あなたが消えることで、ライバルが一人減るわけですからね。

 とにかく、何のために学習しているのかを考えてください。一刻も早く司法書士試験に合格して、司法書士になるためなのではないでしょうか。決して1年遅らせるために今まで頑張ってきたわけではないと思います。目的を見失わないでください。


4.結局・薬局・郵便局

 今の状況が最も過酷で、重要な時期だと思います。ここでくじけてはいけません。学習が100%以上できている受験生なんてほとんどいないわけですから。「焦らず」「諦めず」、学習を継続で来た方だけが、合格できるわけですし、仮に落ちたとしても、継続できた経験は後の受験でも生きると思います。「焦り」から「諦め」た方は、翌年も同じようなことでくじけてしまうと思います。

 仕事も同じです。今できることを今のうちにしておかないと、伸ばすと立て込んできたり、トラブルでさらに延期なんてことやってたら、信用無くしますからね。

 今が正念場だと思います。頑張っていきましょう。

最新のブログ記事

令和6年6月19日(水)に「北野純一税理士事務所」内で開催されます「相続法律・税務無料相談会」が実施されます。相続前のご相談、相続発生後のご相談、どちらにも対応しております。

先日、令和6年5月3日の東京新聞に「ルシアンホールディングズの詐欺事件」にM&A仲介会社が深く関与していたとして、詳しく取り上げられていました。ルシアン側が買主となり、業績の悪い中小企業の買収をにおわせ、「企業再生するのが得意」と言いながら、企業のキャッシュを根こそぎ持っていきました。なぜ、このような事件が起こってしまったのか、現状のM&A仲介の背景や問題点について解説したいと思います。

相談の中に、「身元保証サポート」を家族の一人が利用したばかりに、おかしなことになっているというものがありました。以前、身元保証サポートの問題点として、「亡くなった後の遺産がサービス提供者へ渡っている」点をい適していましたが、今回は、ご家族がいるのに、何らかの原因で身元保証サポートを利用するとどのようなことが起こるのか、お話したいと思います。

熟慮期間(相続開始を知った時から原則3ヵ月以内)に相続人が相続放棄または限定承認の手続きをしなかった場合や、相続放棄後、相続人が相続財産の全部または一部を処分した場合などに、相続人が当然に相続を単純承認(被相続人の権利義務を無制限かつ無条件に承継)したものとみなされる制度となります。知らない間に、せっかく手続きをした相続放棄や限定承認が無駄になります。そうならないためにも、判例等の事例を解説いたします。

<