司法書士を目指されている方へ(マイナー科目の攻略)

2024年02月12日

試験勉強の方は進んでいるでしょうか?この時期になると、そろそろ学習状況の明暗が少しわかり始めると思います。主要4科目は何とか出来ているが、マイナーが手を付けられていないという方も多いと思いますので、少しお話をしたいと思います。

目次

1.主要4科目の学習ばかりではダメ

2.マイナー科目の学習

3.まとめ


1.主要4科目の学習ばかりではダメ

 主要4科目の学習は確かに大事ですが、マイナー科目で捨てるものは作らないことが得策です。具体的に、マイナー科目の占める問題数は、前70問中、17問です。割合としては、約24%です。配点でいうと、350点中51点です。詳細は以下の通り。

(午前)憲法〔3問〕 民法〔20問〕 刑法〔3問〕 商法(会社法)〔9問〕

(午後)民事訴訟法〔5問〕 民事執行法〔1問〕 民事保全法〔1問〕 司法書士法〔1問〕 供託法〔3問〕 不動産登記法〔16問〕 商業登記法〔8問〕

 マイナーすべてない状態での勝負は、「基準点」に届くかどうかの勝負となりリスクがあまりにも高すぎます。憲法、刑法、民事訴訟法、供託法のように問題数が多い科目だけ対象とする戦略も考えられますが、こちらもお勧めできません。なぜなら、純粋に学習できる期間中に身に付けておくべき知識であると考えるからです。実務が始まったのちに、知らないでは話になりませんので、取り決めや利用方法などを知るいい機会だと思います。また、特別研修や認定考査では、最近の傾向では民事執行法や民事保全法の知識を試されています。

 ですので今やっておくのが正解だと思います。

2.マイナー科目の学習

 私のやった手法は、過去問は当然回すのですが、理解可能な部分については問題ないのですが、何度やっても、変な理屈でよく理解できない部分もあると思います。そのような場合には、いろいろな解説をしている参考書や問題集から自分なりの穴埋め問題を作り、きっちり覚えていくようにしましょう。この過程で、自分はどこでつまずいているのかがわかると思います。

 午前科目の憲法・刑法について、憲法は、とにかくいろいろな方が解釈で読み解いているケースがあり、その論点が180度異なるものも少なくありません。毎日少しの時間でいいので触れるように心がけて、学習をしてください。刑法については、暗記すれば比較的素直ですので、お手持ちの参考書の比較表等を用いて、自分で穴埋め問題を作って、何もないところからその比較表を書くことができるようになるまで暗記してください。

 午後のマイナー科目は、憲法よりも刑法に似ていますので、とにかく暗記を進めることをお勧めします。暗記と言っても単純暗記はできるだけ避け、理屈を盛り込んでいってください。

 私は、予備校のテキストが問題と解説が半分になっているもので、ページ数も比較的少なかったので、民事訴訟法以外のマイナー科目は、直前期にテキストを1週間かけて1回回していました。残念ながら、民事訴訟法に関しては、範囲が広いですので、主要4科目と同じ学習に取り込んで回していました。

3.まとめ

 今回は、マイナー科目の学習方法についてお話をしました。これからが正念場です。私が初学者だった時は、各科目の学習が始まるとその科目に集中しすぎて、他の科目がおろそかになるという状況に陥っていました。原因は、学習する期間を長く取りすぎたためだと思います。どうせ人間は忘れるのだからと割り切って、テキストを一通りやり切り、次回の時に理解できてない箇所のあぶりだしを繰り返しやっていきました。その辺りから、基準点には載ってくるようになったと思います。そこから上位合格を混ざ士始めたときに、初めてもれなく学習するようにしました。はじめから漏れなく学習することは、万人には当てはまらないと思いますので、抜けがあってもいいので、とにかく2月中までに、主要4科目の学習をしながら、マイナー科目を1回は終わらせましょう。

 また、記述の配点が倍になることが発表されましたが、記述が得意ではない方は、これらの学習と並行して、できる限り毎日、記述に触れる時間を確保するようにしてください。そしてやりっぱなしで終わるのではなく、どの論点でつまずいたのか記録をするようにしてください。

最新のブログ記事

令和6年7月17日(水)に「北野純一税理士事務所」内で開催されます「相続法律・税務無料相談会」が実施されます。相続前のご相談、相続発生後のご相談、どちらにも対応しております。

2021年に改正された民法および不動産登記法により、日本では相続登記が義務化されました。この制度は2024年4月1日から施行されており、相続による不動産の登記が義務付けられています。相続登記の義務化は、不動産の所有者不明問題を解消し、透明性を高めることを目的としていますが、その一方でいくつかの問題点も指摘されています。以下に、その主要な問題点について詳述します。

2021年の民法および不動産登記法の改正により、日本では相続登記が義務化されることとなりました。この改正は2024年4月1日から施行され、相続による不動産の登記が義務付けられることで、所有者不明の不動産の問題を解消し、透明性を高めることが目的とされています。以下では、相続登記義務化の背景、具体的な内容、そしてその影響について詳しく説明いたします。

経営者にとってのビジョンマップは、会社の目標や戦略、価値観を視覚的に表現するツールです。これにより、組織全体が目指すべき方向を共有し、戦略的な一貫性を保つことができます。以下に、経営者のビジョンマップについて詳しく説明します。

<