司法書士受験生へ 人生を変えるには

2023年07月24日

司法書士になるまで、経歴を見ると様々なことにチャレンジしてきたことがわかると思います。「人生を変える」ということをテーマに、少しお話をしたいと思います。かなり私見も入っておりますので、その点、ご留意してください。

目次

1.司法書士受験までの過程

2.「あなたの手、黒いですよね。」

3.コンビニのアルバイト面接、落ちました。

4.社会からNoを突き付けられた時の選択肢

5.同調圧力と人間観察力

6.独立開業後


1.司法書士受験までの過程

 少し私の略歴をお話しすると、

  ①理系大学卒業後、接着剤研究員として6年間勤務

  ➁これからインターネットが来ると思いオーストラリアにネットワークを学びに留学

  ③留学後、日本IBMにネットワークエンジニアとして勤務

  ④香川県に戻り地元金融機関のシステムで勤務

  金融機関退職後、何か変わらないとだめだなとは考えていましたが、中小企業診断士の学習を始めるも、途中で挫折して、結局サラリーマンに戻る。

  ➄介護系の職業2か所、ビル管理、営業職

と職を転々としているうちに、気が付くと45歳になっていました。

 この辺りから、法学の資格取得に向けて調査し、具体的に学習を開始したと思います。

2.「あなたの手、黒いですよね。」

 完全に離職した後で受験した行政書士が合格。それでも不安に駆られ、ハローワークに行ったとき、司法書士を目指したいので補助者として働きたいことを伝え、右手で書類に記入していた時、「本当に行政書士合格されたんですか?随分、手が日焼けしていて黒い様ですが・・・・。」と、とても失礼なことを言ってきました。司法書士の学習をし始めたときから、いつも東向きの部屋なので机に座って学習すると右手が東側にきます。私もあまり意識していなかったのですが、両手を出して、「右手が東側なんで、こんな風になっちゃったんですね。」というと、黙り込みました。

 写真ではわかりづらいかもしれませんが、未だに私の手の甲、右が黒く、左手がそれに比べると随分白いんです。その時、ああ、世の中の人って50歳近くになって自分を変えようとする人のこと疑ってるんだなぁと思いました。これで第一段階の壁を乗り越えるきっかけになりました。じゃあ変わって見せてやるよって。

3.コンビニのアルバイト面接、落ちました。

 第二の壁は、その数か月後に訪れました。別に働かなくても、数年分の生活費は蓄えていましたので、アルバイトをする必要はなかったのですが、ほとんど自分との戦いを毎日継続していると、社会との接点が希薄になり、精神上おかしくなりそうでしたので、近くのコンビニのアルバイトの面接を受けました。この時落とされたんですよね。そうして、漠然と感じていた「社会から私へのNo」を実感しました。

4.社会からNoを突き付けられた時の選択肢

 ここで、人として選択できるのは2つ。まず一つ目は、「革命を起こす。」です。世の中を変えて、今の自分の存在感を証明する方法です。実際はよくわかりませんが、世の中で50代男性で、無差別殺傷事件を起こしている方たちなんじゃないのかなと思います。よく「誰でもよかった」と犯人が言っていますが、誰でもいいわけありません。格闘家にも同じようにできるのかというと、そんなことはないと思います。弱い人間、若しくは自分が弱いと思いたい人間を狙っていると思います。

 もう一つは、「自分自身を世の中に適合するように変える。」です。これができる方たちは、世の中の1割から2割の人たちだと思います。多くの人たちは、考えはするものの実行するとなるとそれなりにリスクを伴うので、現状維持になってしまっていると思います。生活環境など、変わりたくても変われない人もとても多いんじゃないのかなと思います。

5.同調圧力と人間観察力

 受験期間が長いと、どうしても「同調圧力」なるものに直面することがよくありました。そんな中で「人間観察力」が磨かれたと思います。はじめのうちは、どうしてこの人はこんなこと言ってきたんだろうと悩みましたが、ある時、ただの思い付きで言ってるだけということに気づきました。ただし、「言霊(ことだま)」という言葉があるように、聞いただけでネガティブな感情にさせられますので、受験が終わるまで問答無用で着信拒否設定を入れていきました。気が付くと・・・・誰もいなくなってましたね。

 最後の2年間くらいは、とても集中して、司法書士受験に必要な知識・・・以上の知識も含めて、学習・定着させることができました。この対応に非道だという方もいらっしゃいましたが、何かを目指し達成しようとする場合に、非道もへったくれもないです。人の目を気にして勉強なんてできないですからね。だだし、自分には徹底的に厳しく追い込んでいきました。自分自身に対する言い訳廃除の面もあります。

6.独立開業後

 独立開業してもうじき1年になりますが、ようやく順調に推移するようになってきました。開業して今まで順風満帆だったかというとそんなことはありません。令和の虎の岩井社長がおっしゃられていたように、「経営者になるっていうのはねぇ、地獄の一丁目なんだよ。」を実際に体験しました。私の場合、すでに三丁目ぐらいまで来ているかもしれません。

 やっぱりつらかったのは、「誰も来ない、電話もない」期間が2か月ほどあったことです。その間、自分自身をじっくり見直すことができました。そして、中小企業診断士の時かじったマーケティングの知識が生きました。2か月間でHPをリニューアル。そして、今までかかわった方たち、とくに他士業の方へのアプローチ。0から1になった営業先の横展開。ただし、法令順守でやっていますので、常に司法書士法等について考えるようにしました。

 HPも検索結果1ページ目に表示される検索キーワードも出てきて、そこからの問い合わせも出てきました。他士業連携で定期的に法律相談会を実施できる場の提供をしていただける方も出てきました。そして、他士業の方から仕事の展開のアドバイスなども頂けるようになりました。

 また、問い合わせについても、仕事にならなくても、とにかく丁寧に対応するようにしたところ、そちらからの紹介案件なんかも増えてきています。

 お金儲けは確かに重要ですが、世の中からNoを突き付けられれば終わりです。ですので、自分自身をいつでも見直して、おごることなく、世の中から必要とされる以上、専門家として事業を進めていきたいと思います。

最新のブログ記事

令和6年8月21日(水)に「北野純一税理士事務所」内で開催されます「相続法律・税務無料相談会」が実施されます。相続前のご相談、相続発生後のご相談、どちらにも対応しております。

生前対策を考えるとき、相続発生した場合を想定して行います。しかし、何から手を付けていいやらわからない方も多いのではと思います。今回、専門家への相談も含め、具体的な内容について少しお話をしたいと思います。

現在、社会のあらゆる場面で年齢制限が設けられています。教育、就労、医療、さらには娯楽に至るまで、年齢に基づく規制や期待が存在します。しかし、技術の進歩と価値観の変化に伴い、年齢制限がなくなる未来が徐々に現実味を帯びてきています。この未来を実現するためのカギは、過去のアーカイブとの並列化と若者とその価値観を共有することです。

今まで生きてきて、司法書士という職業にたどり着くまで、様々な挑戦を繰り返してきました。しかし、世の中の変化のスピードというのは、私が考えるよりも相当早く変化し続けるため、動き続けて新しい業種に人間関係を構築し、慣れるまでには、陳腐化するといったことが、40代を過ぎてから起こり始めました。それでは、ビジネスという観点から、世の中の変化に対して、今後どのようなことが重要になるのかについて、少しお話をしたいと思います。

<