(論点)司法書士試験がなぜこんなに難しいのか

2024年06月30日

司法書士試験は、日本の法律資格試験の中でも非常に難易度が高いとされています。試験の難しさは多くの要因に起因しており、その中でも「学習の再現性」という観点は重要なポイントです。学習の再現性とは、学習者が学んだ知識を試験本番で正確に再現できるかどうかを指します。以下に、司法書士試験の難しさを学習の再現性の観点から詳しくまとめます。

目次

0.司法書士試験の概要

1.学習の再現性の難しさ

2.再現性を高めるための学習法

3.まとめ


 司法書士試験の超直前期ということもあり、学習方法についての記事を控えていましたが、司法書士試験というものが一体どういったものなのかについて、お話をしたいと思います。

0.司法書士試験の概要

 司法書士試験は、法務省が実施する国家試験で、不動産登記や会社登記、裁判事務などに関する法律知識が問われます。試験は年に1回行われ、以下の3部構成です:

午前の部(択一式試験):

憲法、刑法、民法、会社法、会社法、主要な法律科目に関する択一式問題が出題されます。

午後の部(択一式・多肢選択式試験):

不動産登記法、商業登記法、民事訴訟法、民事執行法、供託法、司法書士法など、専門的な法律に関する問題が出題されます。

記述式試験:

登記の申請書の作成や、事例に基づく具体的な法的処理を記述する問題です。

1.学習の再現性の難しさ

 学習の再現性の難しさが、合格を阻む要因となっています。学習内容の再現性の低さが挙げられます。具体的には以下の点が挙げられます。

①膨大な学習範囲

 司法書士試験で扱う法律科目は非常に多岐にわたります。憲法、民法、商法、会社法、不動産登記法、民事訴訟法など、各法律の条文や判例を細かく理解しなければなりません。この膨大な範囲を網羅的に学習することは時間と労力を要し、全ての知識を正確に再現するのは困難です。

➁深い理解と応用力が必要

 司法書士試験では、単なる暗記だけでは通用しません。法律の条文や判例を理解するだけでなく、それをどのように具体的な事例に適用するかという応用力が求められます。特に記述式試験では、法律の知識を元に、登記申請書を正確に作成することが求められ、実務レベルの理解と応用力が必要です。

③高度な問題解決能力の要求

 試験問題は、複雑な事例問題が多く出題され、単純な知識の確認だけでなく、問題解決能力を試されます。事例問題では、与えられた事実関係から法的な問題点を抽出し、適切な法律を適用して解決する能力が必要です。このような能力は、単に学習した知識を再現するだけでなく、実際の問題に対して柔軟に対応できるかどうかが問われます。

④試験環境と心理的プレッシャー

 試験本番の環境では、時間制限や心理的プレッシャーが大きく、これが再現性の低下を招く要因となります。学習時には正確に理解できていた内容でも、試験の緊張感の中で正確に再現することは難しくなります。このため、試験本番でのパフォーマンスを最大限に発揮するためには、プレッシャー下での対応力を高める訓練も必要です。

➄継続的な学習が必要

 司法書士試験は一夜漬けで合格できるような試験ではありません。長期間にわたる継続的な学習が求められ、その中で学習した知識を忘れないように、定期的に復習する必要があります。このような持続的な学習の習慣を維持すること自体が、学習の再現性において重要な要素です。

2.再現性を高めるための学習法

 司法書士試験に合格するためには、学習の再現性を高める工夫が必要です。以下に、具体的な学習法をいくつか紹介します。

①アウトプット中心の学習

 知識をインプットするだけでなく、過去問や模擬試験を繰り返し解くことで、学んだ内容を実際の問題に適用する力を養います。アウトプットを通じて、理解の曖昧な部分を確認し、知識の定着を図ります。

➁学習計画の立案と進捗管理

 長期間にわたる学習を計画的に進めるために、具体的な学習計画を立て、進捗状況を定期的に確認します。これにより、学習範囲の網羅性と理解の深度をバランスよく保つことができます。

③反復学習と定期的な復習

 学んだ内容を忘れないように、反復学習を行い、定期的に復習をすることが重要です。特に、重要な法律や判例については、何度も確認して記憶に定着させます。

④模擬試験の活用

 本番に近い環境で模擬試験を受けることで、試験本番での緊張感や時間管理の感覚を養います。これにより、試験本番での再現性を高めることができます。

➄実務的な問題解決力の養成

 記述式試験では、実務に即した問題が出題されるため、日常的に法律を具体的な事例に適用する練習を行います。これにより、実務レベルでの理解と応用力を高めます。

3.まとめ

 司法書士試験は、膨大な知識量と高度な応用力が要求される難関試験です。学習の再現性を高めるためには、インプットとアウトプットをバランスよく行い、計画的かつ継続的な学習を続けることが重要です。また、模擬試験を活用し、実務的な問題解決力を養うことで、試験本番でのパフォーマンスを最大限に発揮できるようにすることが求められます。これにより、司法書士試験の難しさを克服し、合格への道を切り開くことができるでしょう。

 と、アドバイスすれば通り一辺倒な話になってしまうのですが、司法書士試験は「実務者養成試験」です。実務の内容が理解できないなら、また来年いらっしゃという試験なんです。試験合格レベルにより、最低限、すぐに実務に就いても困らない、お客様に迷惑がかからないレベルには達しているという内容です。ですので「即独立」が可能なわけです。何も実務がわかっていないのに知識だけ持っているという状態で、世の中に出すということは、司法書士制度の信頼性にも関わります。ですので、この試験は、徹底的に人を選びます。それを理解した上で、試験勉強に励んでください。司法書士という資格は、とても魅力があります。

最新のブログ記事

令和6年8月21日(水)に「北野純一税理士事務所」内で開催されます「相続法律・税務無料相談会」が実施されます。相続前のご相談、相続発生後のご相談、どちらにも対応しております。

生前対策を考えるとき、相続発生した場合を想定して行います。しかし、何から手を付けていいやらわからない方も多いのではと思います。今回、専門家への相談も含め、具体的な内容について少しお話をしたいと思います。

現在、社会のあらゆる場面で年齢制限が設けられています。教育、就労、医療、さらには娯楽に至るまで、年齢に基づく規制や期待が存在します。しかし、技術の進歩と価値観の変化に伴い、年齢制限がなくなる未来が徐々に現実味を帯びてきています。この未来を実現するためのカギは、過去のアーカイブとの並列化と若者とその価値観を共有することです。

今まで生きてきて、司法書士という職業にたどり着くまで、様々な挑戦を繰り返してきました。しかし、世の中の変化のスピードというのは、私が考えるよりも相当早く変化し続けるため、動き続けて新しい業種に人間関係を構築し、慣れるまでには、陳腐化するといったことが、40代を過ぎてから起こり始めました。それでは、ビジネスという観点から、世の中の変化に対して、今後どのようなことが重要になるのかについて、少しお話をしたいと思います。

<